sd main logo
メニュー

【八卦】

【八卦の警告】

昨日、御弟子さんの事業の件について八卦で伺ってみたら「兌為沢」三爻が出ました。

事業以前に、変な人の口車に乗らされてる雰囲気もこの卦に出てるのが心配で、何気には忠告はしておきましたが、人を騙す悪人は口(文章)が巧みなので心配です。😖 

【安部総理は何してるの?】

最近、安倍首相の記者会見が無いとか、国会を開けと野党の先生方やマスコミはうるさく訴えていますが、安倍総理も遊んでいるわけでもないはずです。
そこで、今日は「安倍総理は何してるの?」と言う事で八卦で伺てみました。

得た卦は。

火  山  旅   二爻

○小亨。旅貞吉。
日本語訳=少(すこ)しく亨(とお)る。旅には貞(ただ)しければ吉なり。

○旅とは寂しからずや。諸々の危険と不安に気を付ける事。


この卦は昔の旅を意味しています。
旅には目的もありますし、危険も伴います。
しかし、目的地に着いた時の喜びは今の旅とは比べ物になりません。

そこで、現在の安倍総理は実際には海外には行けていませんが、水面下で同盟国と綿密な外交を繰り広げていると思います。

その議題としては、新型コロナの事もありますが、本題は暴走する中国をどうするかでアメリカやイギリスなどの欧米と豪州の首相との外交を展開中でしょう。
そしてその結果は。


二爻=旅即次懷其資。得童僕貞。
日本語訳=旅して次(やど)に即(つ)き、その資(かね)を懐(いだ)き、童僕(どうぼく)の貞(てい)を得たり。

◎十分な注意をした上での行動は何も心配する事はありません。
◎もし協力してくれる人があれば、たのんでももよろしい。


願  望=調う。

事  業=訴訟・交渉事は示談が吉。    

   その他の事は全て吉。



とあるように、手ごたえは上々だと見ます。



野党の先生方もマスコミも安倍総理の外交手腕がすごいことを熟知していますし、ましてやその議題が中国ともなれば、マスコミ野党にとっては気が気ではない事でしょう。

近々大きな発表があるかも知れませんね。


【坎為水】

数日前に古くからのリピーター様から息子さんの転職についてのご相談がありました。その息子さんは優秀な上に仕事もバリバリされていて収入面でも相当なレベルにまであがってるようでした。

しかし今年の初めに「現在の会社にいてるとこれ以上の発展も望めないので思いきって外資に転職したい」と言うことでそれが良いのか悪いのかの判断をお母様経由で依頼されてきました。

結論としては「今年は転職するべきではない」と言う結果でした、何故ならばまだその時期ではない上に、運気が特に悪い一年だからです。

そして無理して転職したら、、、、と言うことで八卦で伺ってみたら、得た卦は四難卦の一つの「坎為水」が出ました。


八卦での坎とは、悩み苦しみを意味し、時には屍(死体)とも見れます、それが上下ともに坎となる坎為水ですから悪くすれば自殺や心中と言う可能性もあるからです。

何れにしても軽くても相当な苦労をする卦ですので、今年の転職はご自重いただきました。


ここで何が言いたかったのかと言うと、【占い Kougetsu 】では、依頼者様の希望を叶えるとか背中を押して応援する判断ではないと言うことです。

勿論、希望することが叶う運勢とタイミングであれば大いに賛成もしますが、一点の曇りでもあれば説得して異論を申し上げます。


まあ、私はこういうタイプですから今までにも依頼者様の希望に水を差したり強く反対して参りましたので今でも私の事を強く恨んでる人も複数人いらっしゃいます。

挙げ句、心ない誹謗中傷もされていますが、私の信念を曲げての間違った判断はどんなに鑑定料金を戴いてもできませんのでその点、ご理解宜しくお願い申し上げます。


因みに先ほどの転職希望の息子さんの件ですが息子様とご母堂様のご理解を示して貰えてホッとしています。